海外のネットショップで商品を購入した場合、購入先のショップへ支払う商品代金、送料のほかに発生する費用があります。その費用は、「関税」、「消費税」、「通関手数料等」です。

関税

関税は商品ごとに税率が決められています。

主な商品の関税率の目安

実行関税率表

個人で使用することを目的として購入したものに関しては、商品代金の60%の金額が関税の計算に使われます。

消費税

日本で買い物をした時と同じように消費税がかかります。消費税がかかる金額は、関税の時と同じ商品代金の60%です。

通関手数料など

 購入したものが課税の対象となった場合、運送会社に対して通関手数料が発生します。

運送会社によっては、税金の立替手数料が発生する場合があります。

 

商品代金の60%の金額が1万円以下なら関税、消費税が免除される

商品代金の60%の金額が1万円以下なら原則として、関税、消費税が免除されます。ただし、金額が1万円以下であっても関税、消費税が免除されないもの(皮製のハンドバッグやニットなど)もあります。「課税価格の合計額が1万円以下の物品の免税適用について

商品代金の60%の金額が10万円以下なら簡易税率が適用される

商品代金の60%の金額が1万円を超えて10万円以下なら、関税は簡易税率が適用されます。ただし、皮製のハンドバッグやニットなど簡易税率が適用されないものもあります。少額輸入貨物の簡易税率

関税が無税の商品もある

本、CD、DVD、化粧品、時計などは関税が無税です。ただし、課税標準の価格が1万円を超えた場合は、消費税がかかります。また、化粧品は一度に購入できる数量が決められています。医薬品・化粧品等の個人輸入について

通関手続きの円換算のレートは?

通関手続きを申請した日に、定められたレートを使って円に換算されます。外国為替相場(課税価格の換算)

関税、消費税はいつ払う?

運送会社に払うことになります。海外のネットショップで購入した商品が国際郵便で送られてきたら日本郵便が、国際宅配便(UPS・FedEx・DHLなど)で送られてきたらその会社が通関業者となります。支払は、荷物の受取時、もしくは別途振込みで支払うことになります。その際にあわせて通関手数料等を支払うことになります。通関手数料等は、日本郵便であれば200円(関税が発生しなければ必要なし)、国際宅配便であればそれぞれの会社が決めた金額となります。